Asian Spine

事務局

東京都立神経病院 脳神経外科
髙井 敬介
〒183-0042
東京都府中市武蔵台2-6-1
TEL:042-323-5110
FAX:042-322-6219

連絡事務局

株式会社 コンベックス内
〒105-0001
東京都港区虎ノ門5-12-1
虎ノ門ワイコービル
TEL:03-5425-1602
FAX:03-5425-1605
E-mail:nsj2020@convex.co.jp

新型コロナウイルス感染症の感染防止徹底のため、連絡事務局ではテレワークを実施しております。
たいへんお手数ではございますが、当面の間、ご連絡いただきます際には、E-mailにてお問合せいただきますようお願い申し上げます。

第35回日本脊髄外科学会
連絡事務局

Time to define Neurospine 二〇二〇年 六月十八日(木)・十七日(金) 令和2年 11月9日(月)・10日(火) 会場:パシフィコ横浜ノース 会長:谷口真

第35回日本脊髄外科学会/第11回Asia Spine開催方法について

ながらくお待たせしました。いよいよ第35回日本脊髄外科学会/Asiaspine2020は、未だかつて本学会自身が経験したことのない多くの予想外の出来事を乗り越えてなんとか開催できそうなところまで到達しました。

そもそもは、横浜に皆様をお招きし、湾内クルーズ船を仕立てて会員懇親会を行うという今から考えると空恐ろしいプランを計画しておりましたが、まさにその横浜、クルーズ船でのコロナクラスター発生から全てが崩れ、予定した学会計画も大きな変更を強いられました。

とりあえず6月予定を11月まで延期し、ここまでいけば大丈夫かなと思っていたのに、それでは考えが浅はかすぎ、事態はそれをはるかに上回る展開をし、今なお収束の予測は立っていないのが現状です。

多くの学会・研究会がwith CORONAの中での学会のあり方を模索している最中ですが、これがベストと言うスタイルはまだ生まれておりません。

やはり学会の本質はディスカッションにあり、それも対面で行えばより情報量が多い、なんとかしてそれに近いスタイルを実現したかったのですが、全てのセッションにおいてそれを行うには膨大な資金が必要になる。やむなく折衷案として

シンポジウム・教育講演はライブ配信による一方向通信、質問はチャット方式で座長に集めて代表質問、肉声での回答としました。

一般演題とポスターはスタイルを統一してオンデマンド方式プレゼン再生(声入り)とし、学会期間中(変更あり得ます)いつでも好きな時にクリックで再生して視聴、質問はライブ配信同様、チャット方式で集めて演者に送付・学会終了までに演者より直接回答のスタイルとしました。

ご参加の皆様には、在宅よりウェブ視聴のお願いします。詳細はHP上に別途掲載します。

現状に一番マッチした学会開催スタイルに向けては今後も各学会が模索を繰り返しつつ工夫が続くでしょうが、とりあえず今回はこのスタイルで開催いたします。多々ご不便お手数をおかけすることになると思いますが状況に鑑みてご協力いただければ幸いです。

2020年10月1日

第35回日本脊髄外科学会
会長 谷口 真

サーバメンテナンスのお知らせ

下記日程におきまして、サーバメンテナンスの為にホームページが停止いたします。
アクセスができなくなりますので、予めご了承の程よろしくお願い申し上げます。

■サービス停止時間(24時間表記)
2020年10月24日(土)11:00~21:00(10時間停止予定)

新着情報

2020.10.16
オンライン参加登録を開始いたしました。
2020.10.15
オンライン参加登録を公開いたしました。
2020.09.25
教育セミナーページを更新いたしました。
2020.09.01
教育セミナー参加登録を開始しました。
2020.07.31
演題登録を終了いたしました。
2020.07.08
教育セミナーを公開いたしました
2020.03.24
会期延期のご案内を掲載いたしました。
2020.02.25
演題募集を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。
2020.02.06
演題募集期間を延長いたしました。
2020.01.31
会長挨拶を公開いたしました。
2019.12.24
演題募集を開始いたしました。
頭蓋頚椎移行部動静脈シャントに関する多施設共同研究を公開いたしました。
2019.11.18
ホームページを公開いたしました。

ページトップ